ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

トラウマ。

こんにちは、トーコです。

シゲルさんのお勤めが始まり、1人で夕飯の支度をするのにてんやわんや。そんな理由で夜の会議を欠席。そしたら翌日デスクにお菓子が\(^-^)/

f:id:ponkotu118:20170525222241j:image

前回の会議で社長がオススメしてくれたケーキ屋さんのお菓子。高くて行けないなーって店。「多分トーコさんに食べさせてあげたくて社長は買ってきたんだと思うけどさ、美味くて皆でバクバク食べちゃった!ちゃんと一個だけ取っといたで!」って。笑

美味しゅうございました(o^^o)

 

それからツバメちゃんの巣の下に殻が!

f:id:ponkotu118:20170526121517j:image

もしや。

f:id:ponkotu118:20170526121546j:image

もしや孵ってるのかー?!( ´ ▽ ` )

 

さて、本日ネガティブキャンペーンです。吐き出したいだけでつらーっと書いたので、苦手な方はこの先は読まずまた明日...!

 

自分ではもう終わらせられたと思っていたけど、どこかでまだ小さな芽が残っているのかなぁーと気付いて。そのキッカケに自分に引いてしまった。私ってこんな事思うんだ...って。

 

私は私が男だったら絶対に避けるわーって思うような女なのですが(そんな自分でいいと思ってるし変わる気なんてさらさらないのですが)、シゲルさんの他にもこんな私を気に入って付き合ってくれる人がポツポツ居ました。トラウマになってるのはその中の1人。

 

所謂DV男。浮気されて「もういい!」と家を出たら追いかけてきて殴られる。←なんで浮気した方が殴るんや

部屋に連れ戻されて首を絞められる。←この時は「いっそこのまま殺してくれたら楽になる」と思ったけど、今生きてて良かったと思えるので殺されなくて良かった

出掛けると「今日何時にどこに居たでしょ」と行動を把握されてる。←これが本当になぜ分かったのか今でも分からない

 

この行動を把握されてるのが怖くて、別れてあっちの行動が分からなくなるより近くで見てた方が私も安心だって思っちゃって結構何年も付き合っていたのです。別れたキッカケは相談してた人に「1人にならないようにしてれば大丈夫、それであいつが自殺しようがお前は悪くないしあいつの勝手だから気にしなくていい。とりあえず別れなさい」と言われた事。あっ私あの人の事を傷付けても良いんだ、って目から鱗が落ちまして。

それで色々ありつつも別れる事が出来ました。が、もしかしたら何かされるかもしれないってビクビクしながら一年。両親の離婚で市内の別の場所へ引っ越して「あーこれで一先ず放火されるとかはないな。安心だ!」って思えました。その後たまたま一度見かけた時は体が震えて過呼吸気味になりましたがそれ以降は会う事もなく。

 

シゲルさんの地元へ引っ越してきた今はもうほとんど気にすることもなくなりました。帰省した時に会ったらどうしよう、嫌だなぁ位です。ちょっと脱線して、シゲルさんと暮らし始めた頃は「もしかしたらシゲルさんに殺される事もあるかもしれない」と思ってました。今では全く考えられないけど。

 

そんな今、なんでこの過去のトラウマが残っているのか気付いたのかと言うとニュースです。その元カレの地元で列車の人身事故があったそうで。それ見た時に私、「あーこの亡くなった人が元カレだったらな」って思ったんです。自分にドン引きしました。そんな自分をとてつもなく嫌に思う一方、それだけ怖かったんだとも気付いて。もう10年も前の事なんだけどな( ̄▽ ̄;)

 

以前にチラッと書いた「元カレの私物が実家から出てきたので今度の年末年始に帰省した時にどんど焼きにでも出してしまおう」の人なんですが、あの後に今そこに本人が住んでいるかは分からないけど実家がこれだなって見つけてしまって。←珍しい苗字なので検索したら出てきたのです

実家が分かるならこっそり置いてきて返した方が良いのかなぁとチラッと頭をよぎり悩んでます。書道の展覧会に出してた掛け軸と、あと彼が友達と写ってる卒業式の写真を貰ったのもどこかにあるはず。返してほしいかなぁ。。

 

そしてこのタイミングで彼が書いた練習用の書の内容が何だったのか発覚。たまたま読んでたネットの記事でこれ読んだ事ある...あれだー!となりました。徳川家康さんの人の一生は〜ってやつ。当時は良い事書いてあるなぁとしか思わなかったのですが、家康さんの言葉だったのか。。