ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

苗木がうちにやってきた。

こんにちは、トーコです。

実家着でポチッた絵本が届いたようです♡母に汚れてないか見てと言ったらピンボケした写真か送られてきました。しかも裏側。「酔ってない時に撮って」と言って送られてきたのがこちら。

f:id:ponkotu118:20170424123349j:image

マミーさんオススメの「もこもこもこ」渡すの楽しみ\(^^)/

 

さて週末はおばさんに頼まれた苗木を買いに行ってきました( ´ ▽ ` )ノ

桜の次に咲き始める花桃の苗木です。売ってる所にはこの花桃がたーっくさん植えてあり、満開の時に行くと本当に綺麗なのですがタイミングが難しい。数年前に初めて行った時がドンピシャの日で、凄く感動しました。それ以降全くタイミングが合わず咲いてないか散っているか...今年はまだ咲いていませんでした。

f:id:ponkotu118:20170423174544j:image

タイミングが合うと凄く綺麗なのです(o^^o)

f:id:ponkotu118:20170423174642j:image

去年だったか一昨年だったか、どうしても両親にもこの景色を見せたくて来てもらったらまだ咲いておらず...諦めきれない私は翌週末にも強請って来てもらったら今度は散ってて。笑

残念無念。本当に綺麗なんですよ。

f:id:ponkotu118:20170423174924j:image

一本の木に白やピンクや赤が混ざった花が咲くのです。とまぁ私はこの花桃がとても好きなのですが、残念ながらアパートで育てられるような木ではなく。お隣さんちの庭の花桃をこっそり眺めて楽しんでいる今日この頃。

 

母から「おばさんが花桃の苗木を買って来てって」とラインがきたので買いに行くと売ってるおじさんが長々と説明してくれました。それはもう念仏のようで、さ〜っと右から左へ流れて行きます。ボソッと「シゲルさん、聞いといて」と言って私は他ごとを考えながらウンウン頷く。お代は1500円。私は万札と千円札が一枚しかない、シゲルさんも万札しかない。「ピッタリじゃないと困るなぁ」と。細かいのが無いと言うと「2000円でもいいよ」と。目が飛び出るわ...!まけてくれるんじゃなくて高くなるんかい!笑

そう言われても千円札一枚しかないんでね。。近くのお店で饅頭買って崩して戻ると「2000円?なんだ1500円か」と...最初から2000円で売ればいいのにー!!!値札無かったし。なんだか嫌な気分になってしまった。

 

それは置いておいて。

「帰省するまではバケツに水を溜めてから土を入れて木を入れて、土を被せて水をたくさんやる。ジョウロでなくホースでジャバジャバと。根っこが乾くと枯れてしまう。水は毎日ジャバジャバやる。帰省したら同じように、掘った穴に水をたくさん溜めてから木を入れて以後同じ。肥料はやらない事、やるなら一年以上経ってから。根本から30センチは離れた所に堆肥とかを少しだけ、化学肥料はダメ。」とおじさんは言っていたようです。

 

そうして貰った苗木は苗木?と言いたくなるような立派なもの。車にどう乗せるのか...ドアを開けたまま後部座席の足元に乗せ、斜めにしてそーっと窓を開けたドアを閉めて先端は窓から出ている状態で運ぶ。しかなかった( ;∀;)

対向車来て幅寄せしたら壁に木の先が当たってしまうのでヒヤヒヤしながら帰りました。これ私はどうやって持ってくよ。。高速道路で窓から木が出てるとか料金所で引っかかるわ...!笑

 

途中で百均に寄って1番大きい10リットルのバケツ購入。ちょうどそこに宅急便のお兄さんが居たのでこれ送れますか?と聞くと「段ボールで全部囲ってくれれば運べます、1600円位かな?」と。うーーーん。私の車なら助手席倒せばなんとかなるかな。。

 

帰ってビックリ。うわー玄関ドアより高さあるじゃん(°_°)

せっせとキッチンまで運んでみましたが...なんだかクリスマスツリーみたい♡

f:id:ponkotu118:20170423181218j:image

(ちょっと脱線して。チラッと写っている少し前に貰ったアサヒ軽金属のドクターマット、この間うっかり生卵を落としてしまったのですが本当に割れなかった...!)

とりあえずここに置いて次は土を買いにホームセンターへ。肥料の入ってないただの腐葉土5リットルと赤玉の中粒2リットルを一袋ずつ、これにおじさんが入れてくれた土を足せば丁度いいかな?

 

言われた通りにバケツに水を溜めてから土を入れて、木を...木を...入らん( ̄▽ ̄;)

えっ嘘。もっと大きいバケツ買いに行く?いやそれじゃ持って帰れる気がしない。1週間我慢してもらうしかないーーー。本当は根っこ真っ直ぐに入れるよう言われたけど、ぐるぐる巻いてバケツに突っ込む。それでも入りきらん。

とりあえず有りっ丈の土をバケツに入れてまた水をやるべく風呂場へ運ぶ。水を含んだら固まってきたので、盛りました。

f:id:ponkotu118:20170423181804j:image

バケツから飛び出して根っこに土が被るように。

f:id:ponkotu118:20170423182052j:image

そして水をジャバジャバと。おじさんが毎日水はジャバジャバと言っていたので毎回運ぶの大変だな...「シゲルさん、ここに1週間置いといて良い?シャワーで水やるの」

「ああ、良いよ」

「洗濯とかお風呂とか顔洗うのとか邪魔だけど良いの?」

「仕方ないよ」

「(木に)シゲルさん良いって言うから1週間だけここで我慢してね、暗くて申し訳ないけど...」

「植物なんだから明るい方が良いでしょ、電気点けっぱなしにしたら」

「えっいいの?」

「そこの電気代なんて知れてるでしょ」

「ほんと〜いいの?良かったね〜」

 

と、風呂場で1週間過ごして貰うことにしたのですが。洗濯するにも、風呂の出入りするにも、洗面台を使うにも、不便。不便。不便ーーー!これはあれだな。シャワーで水をやらなくとも私が水を何度も運べばいいのよ/(^o^)\

 

と言うわけでキッチンに置いて生活は楽になり、花桃さんは明るい所に行き、めでたしめでたし。シゲルさんは「そうすればいいと思ってたよ。」と。早く言ってよ!!笑

しかしシゲルさんが植物に対してこんなにも優しくしてくれるなんて思わなかったのでビックリ嬉しい。ちょっと惚れ直した。

 

大きくて存在感があるし、せっせとお世話をして既に離れ難い愛着が湧いてますが...どう考えてもうちでは育てられないサイズなのでせめて帰省までは精一杯やって、その後はおばさんちへ行く楽しみが増えたと思おう(ノД`)