ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

小賢しい。

こんにちは、小賢しい女トーコです。

 

今日の昼はシゲルさんが焼きそばを作ってくれました。彼は私に私の嫌いなものを食べさせるべく、何かと余計なもんをいれてくるのです。

「それ入れるの〜?めっちゃ大きく切っといてね、後で除けるから」と言うと「除けれんようにめっちゃ細かくしとくわ」と。

まぁみじん切りなら食べれるからいいかと思ってテーブル片付けて(片付けなきゃお皿も置けない散らかりよう...!)出来上がるのを待ちました。

 

出てきた焼きそばには「どこが細かいねん!」という除けるには面倒だけど食べるには大きい絶妙なサイズに切られたヤツが入っている( ゚д゚)クワッ

とりあえずシゲルさんがフライパンを洗っている間に除けられるだけシゲルさんの皿に放り込む。その途中で戻ってきたシゲルさんに皿を遠くに離され、まだ私の皿には残っているのに...無念。

 

そんな事でめげる私ではありません。

シゲルさんに皿を見られないようこっそり隅に除けながら食べ進める。あと残り少しって所で除けた奴と万遍なく混ぜる。「もうお腹いっぱい〜。あと食べて〜!」とシゲルさんへ渡す。何も知らないシゲルさんは残りを全部食べてくれる。こうして私は嫌いな物を食べずに食事を終えるのです。いやー、自分でもほんと小賢しいと思う。笑

私の為に食べさせようと工夫してくれるのに、その気持ちを無視して自分の気持ちを優先するのです。心が痛みます(´・_・`)←なら食べろと思うけど嫌いなもんは嫌いなのです

 

何も言わずに食べてくれるけど、もしかしたらバランス的に「この量でこの具の量は多過ぎじゃね?」と除けてるのバレてるかな。笑

良い人だ( ´ ▽ ` )ノ いや本当に気付いてないかもしれんけど。

 

 

今日は3月11日ですね。

ヤフーで検索しました、3.11。

f:id:ponkotu118:20170311131312p:image

どうか来世、幸せな人生を送れますように。