読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

乳がん検診。

こんにちは、トーコです。

寒いな〜と思ったけどまだまだこれからか。

f:id:ponkotu118:20170125214836j:image

今朝はマイナス8℃。

 

昨日は市の乳がん検診を受けてきました。2100円也。

市役所の会議室で???と不安に思いつつ行くと、会議室で支払いやら手続きをして検査は専用のバスでした。

 

広い会議室。大会議って書いてあっただけあるわ。そこにテーブルが3つ。入って正面に1つ、右端に2つ。

たぶん1つは私と同じように受けに来た人の対応してる人。←衝立があって何してるか分からない

他2つはそれぞれに1人ずつ座っている。

 

受付はどれなの?なぜ誰も声をかけてくれないのか。会議室に入ったはいいものの、どうすりゃいいのやら。

奥の椅子から詰めて座って下さいって張り紙...どこが奥の端になるの!!!笑

とりあえず一番前の左端に座る事に。目の前は衝立があって、その奥で2人が喋ってる。しばらくしたら片方が別のテーブルへ移動していく。

そのまま待つも全く呼ばれない。他の人も来ない。私の事が見えているのか不安になる...!笑

 

心臓をバクバクさせながら待っていたらようやく衝立の奥の人が座ったまま横から顔を覗かせ「検診の方?」と。

 それ以外に何があるんじゃいと思いつつ「はーい。」と受付と支払いを済ませ。

もう2つあるテーブルの片方で二重のチェックをするのかもう一度受付をして、最後の1つで呼ばれるまで待つらしい。

 

その待ってるテーブルにふっくらおっぱいのモデルが置いてあり、乳がんの場合や乳腺炎の場合のシコリの感じを触って確かめられるようになってました。結構固いんですね。

他の人がどうだったかは分かりませんが、私はもうガッシガッシとモデルの胸を触りまくりました。2回目の受付の人がえっ(・_・;て顔をしたので触る人は少ないのかも。笑

 

しばらくしたら呼ばれ、検診バスへ。

バスタオルはここで必要だったようです。結局大きなバスタオルとスポーツタオルとハンドタオルを持って行きましたが、上半身裸になったら大きなバスタオルを肩から羽織って順番を待てって事だったようです。

 

検診中はこの先生オルゴールか?!ってぐらい同じ事をずーっと何回も繰り返して仰ってました。私の顔を見ながら。こんなに早口で喋り続けてるし目が合いっぱなしだけどエコー画面ちゃんと見てるんかいな!と心配(; ̄ェ ̄)

早口だしなんかラジオ流れてるし、先生が何を言っていたのか全く頭に残っておりません。

ジェルを塗られた胸にキッチンペーパーをペタッと貼られ「はい終わりですのであっちで着替えて」と。「この紙はどうすれば?」「そこのゴミ箱に捨ててね、足りなければその辺のキッチンペーパーも使ってね」との事でしたので何枚か貰って綺麗に拭き取って着替えて終了。

 

持ち物にあったビニール袋は最後まで必要な場面は見当たらず...何だったのでしょう。

何はともあれ無事に終了。結果はまた後日郵送されてきます。

 

その後どうせ半休にして時間があるので皮膚科も行って液体窒素も済ませてきました。

「2日ぐらい痛い?」と聞かれたのですぐ痛みは治ると言ったらいつもより長く焼かれました。早く無くなるといいなぁ、イボ。

 

お弁当

 f:id:ponkotu118:20170126073543j:image