読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

検査。2

病院 全部

こんにちは、雨音に癒されているトーコです。

外で仕事する人には迷惑なものかもしれませんが、私は事務所から雨を眺めたり音が聞こえるのは好きです。

休みの日に雨の中を歩くのも。←休みの日に用事がなければほぼ確実に出掛けないけど。笑

なんなら事務所にいる時は土砂降りが良い。お腹が鳴っても紛れるから...!

 

 

さて、2つ目の検査です。
今後発達障害の検査を受ける予定の方は続きを読むかは自己責任でお願いします。
私は検査結果が変わるかもしれないので事前情報は見ないようにしていました。

 

 

 

2つ目は10枚のカードに抽象的な絵(絵の具を垂らしただけみたいなのの、左右対称の絵)が書いてあり、その絵が何に見えるかを答えるもの。

「正解はないので思ったものを言ってくれれば良いです」

裏返してあって一枚ずつ表を向けて答えていき、それを先生は何秒かかるか計りながら私の発した言葉をほぼ全てメモしてます。

「〜とか」「ーみたいな」「〜な感じ」とかも。

 

とりあえず1枚目の絵を見て固まりました(´ー`)

絵?何に見えるか?何にも見えんけど!笑

緊張して手が震える程だったのに、4枚目ぐらいにはもうこの問題に飽きてやる気がなくなりリラックスモード。って言うか眠い。

早く終わらんかなぁ、もうやらんくても良くない?テキトーでいいや、何か答えときゃ良いんでしょ状態。

花とか、蝶とか、カメレオンとか、1枚につき複数のなんとなくそれっぽく見えた物を答えてやっと10枚終わったーーー!

 

ところが辛いのはここからでした。

「今答えたもの、どこがそう見えたのかを詳しく教えて下さい」なっ!なんやてー?!ヽ(;▽;)

テキトーに答えたツケが回ってきましたよ。

先に言ってくれればもっと考えたのに!←そういう検査だから仕方ない

 

なんとか思い出しながら答えるも、答えながら「あっここ違うわ、本当はこっちを見てそう思ったんだったけどまぁいいか」「そんな答え言ったかな?多分この辺と答えておこうー。あっこっちだったな!もう遅いけどまぁいいや」。

こんなんでちゃんとした結果が出るんかいな(´・∀・`)

先生は私の発する言葉をせっせとメモしてくれているのに私ときたら...自分のテキトーさに途中笑いそうになるのを堪えるのに必死。

どう考えても分からない(答えたくせに)ものは「ははっ、どこですかねー!」とパスして諦めるし。

 

先生の書いてるのを見ると説明下手で「このへんのふわふわがー」とか「形?」「色?」「なんとなく」「全体的に?」ばかり...。

しかも身振り手振りで「こういうとこ」って説明するからメモの意味があるのか。見返しても何の事か分からないだろうな(´ー`)

もっと説明は上手い方だと思っていたから自分にガッカリ。そもそも最初にテキトーだった自分がいかん。

 

やっと10枚の説明が終わり、次の検査かと思いきや...今度はその「10枚の中で好きなカードと嫌いなカードを1枚ずつ選んでください」「それを選んだ理由は?」

 

「次は10枚の中で自分だと思うカードを1枚選んでください」

「なんでそれを選びましたか?」

「周りの様子はどんな感じですか?」

 

「次は10枚の中でお父さん、お母さんだと思うカードを1枚ずつ選んでください。無ければ選ばなくてもいいです」

「なんでそれだと思いましたか」

 

こんな感じだったかな?ここで時間がきたようで1回目の検査が終了です。

最初に、「疲れたら休憩するので言ってください」と言われましたがぶっ通しでやりました。

時間も分からなかったし(時計あったみたいだけど気付かなかった)、休みたいとか言えるタイミングを見つけられなかった。

思い返すと、カードを手渡しされてそのまま見て考えてたけど回転させたりしても良かったのかも。

 

 

このブログは検査の後すぐにメモったのですが、その後この検査についてインターネットで検索したものを後日またチラッと書きます。