ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

初診日。8

甘い物を食べ過ぎて肌荒れしているトーコです。

7月から甘い物断ちをしていましたが、9月に入ってからお土産で貰ったりして食べてしまいました。

先週からはプレゼントにケーキやクッキーを作ったり、差し入れ貰ったり…まさかこれ程まで体に影響が出るとは思いませんでした。

甘い物断ちのキッカケは「砂糖は煮詰めるとドロドロになる。と言う事は、人間が食べた砂糖も消化されドロドロになり腸にくっつく。」と言うような記事を読んで大いに納得したんですよね。

あの美味しいカラメル。手につくとベタベタするカラメル。

あれが腸にくっついてるなんて、体に優しい訳ないよね〜って。

それまで食べ過ぎていたのもありますが、嬉しい事に甘い物断ちをしただけで4キロも体重落ちましたし。

今ある頂き物を食べたら、自分で追加はしないぞ…!

 

 

さて、薬を処方される事になり、ようやく少し涙が止まって落ち着いてきました。

「では発達障害の検査は出来るだけ早く受けられるよう予約出しておきますね」

「あ、そうそう最後に何か聞きたい事はありますか?」←これ重要!

来院目的メモに書いておいたんです。聞いてほしいって。

よく病院で「はい、いいですよーお大事に。」って言われて聞きたい事が聞けず終わってしまう事が多くて、それを言って貰えると凄く嬉しいなぁと思って。

 

メモをきちんと読んでくれていて、言ってくれた事が本当に嬉しかったヽ(;▽;)ノ

思わず笑顔になって「はい、大丈夫です!」と言って終わる事が出来ました。

あとこれ私にはもう1つ意味があって、お大事にーとか言われればまあ分かるんだけど

終わったのかよく分からない察せない時がある空気の読めない私には有難い。笑

 

おかげでルンルンで診察室を出られました。

待合室の時計を見たら9時50分。

1人何分で計算されているのか分からないけど、こんなに長く時間取ってもらって良かったのかな(; ̄ェ ̄)

待合室には1組待っていたけど私のせいでかなり待っているのでは...と焦ってしまい

受付の方へ戻るのに道が分からなくて挙動不審になってました。笑

処置室とかに入ろうとしていた...。

さて、残すはお会計!