ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

何度も読んでいる本。

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

こんにちは、昨日も今日も雨降り!雨の音に癒されているトーコです( ´ ▽ ` )

出掛ける時の雨は好きじゃ無いけれど、部屋で雨音を聞くのは好きなのです。

 

さて!今週のお題というものに気付き見てみると、「プレゼントしたい本」とな。

本はプレゼントしたい相手によって、変わるからなぁ。

 

と言うわけで、今、本棚を見て私が好きな本をチョイス。

f:id:ponkotu118:20160919111628j:image

f:id:ponkotu118:20160919111639j:image

 この辺りかなぁ。

 

「アミ小さな宇宙人」のシリーズは最近読み始めてこれから3冊目を読む所。

このアミシリーズ以外の本は、もう数えきれないぐらいに何度も読んでます。

 

ばらかもんは3週ぐらいかなー?」と言ったら、シゲルさんに「そんなに少なくないでしょ」と言われました。笑

荒んできた時に読むと、ものすごーくほっこりします。

トゲトゲしていた心がマシュマロになります。笑

登場人物全員が好きです、嫌な人が全く出てきませんヽ(´▽`)/

 

下の画像は右上から順に。

「ひっくりかえったおもちゃ箱」

多分すごい古い漫画。誰が買ったのか分からないけど子供の頃から実家にあって、引っ越す時にも捨てずに持っている本。

こんな風に言えるのか、こんな考え方が出来るのか、私からは遠く離れた所に居る人たち。

こんな恋愛出来たら素敵だなぁ、自分磨きがんばろう!とやる気が出る本。

 

ダライ・ラマに恋して」

たかのてるこさん大好きで、エッセイはほぼ持ってるかな?

長澤まさみさんの「ガンジス河でバタフライ」のドラマを見て正にハートを撃ち抜かれ(笑)、その文庫本を読んで他のタイトルも揃えました。

全部好きですが、その中でもこれ。

10回じゃ済まないなぁ、人生が間違った方向に進んでる?って思った時に何度も読んでます。

 

「植物図鑑」

ちょっと前にイケメンで映画化されたアレです。

映画は観てないんですが、小説は間違いなくオススメです。

人に借りて読んで、その後自分で買って何度も読んでるぐらい好きです。

いつか映画化されないかなぁと期待してはいたんですが、クチコミ見てガッカリしたくなくて観に行かなかった。

小説はとにかくキュンキュン出来ます。

アラサーにもなってキュンキュンとか痛いって思いつつキュンキュンが止まりません。

ニヤニヤしながら読んでます。笑

 

「ネットで会って30分で結婚を決めた話」

ツイッターで投稿されてる漫画でハマり、本も購入。続編みたいな薄い冊子の漫画も購入。

この漫画だけじゃ分からないかもしれませんが(ツイッターのみの漫画も見てます)、こんな夫婦に憧れる!

こんな風に全力で生きられたらなぁと思います。

全力と言っても全力で頑張ってるとかではなくて、全力でやりたい事だけをやる?みたいな?

自分を信じてる所が羨ましい。

私は自分の選択が合ってるのか不安になるし、これが本心がなのかも分からないようなあちこちフワフワしちゃう人間で。

この夫婦は地に足が着いているというか。

全く知らない人だけど、凄い好きなのです。笑

 

 「アミ小さな宇宙人」シリーズ3冊

まだ1週目なのでなんとも上手く説明出来ないのですが、寝る前に少しずつ読み進めています。

これを読んだ日はなぜかよく眠れます。笑

この小説が事実なのかは分からないのですが、読んでいるとストンと腑に落ちる瞬間が何度もあります。

完璧にこの本の通りに生きれば良いとは言えないけど、これに近い考え方を全ての人が持つことが出来たら穏やかな地球になるんじゃないのかなぁと。

その為にまずは自分がこの考え方を身に付けようと思っている所です。

 

鹿男あをによし

玉木宏さんのドラマを見てから買いましたが、ドラマも小説も面白い!

ファンタジーになるのかなー?でも事実だったりして?と思いながら読んでます。

面白いとしか表現出来ない。笑

卑弥呼に興味を持ったキッカケの本です。

 

「ねことじいちゃん」

超ほっこり漫画です。まず絵に癒される!

実家ではニャンコがたくさん居たので、あるある!そう!あ〜うんうん!と思い出し、エアーニャンコをモフモフして一人癒されてます。

f:id:ponkotu118:20160919121355j:image

初めて我が家(実家)にきたニャンコはこの子です。

今のアパートはペット禁止でして、モフモフが足りない...(;ω;)

この本を読んで耐えるのです。

絵も話もほっこりですが、自分的なもう1つのポイントは言葉遣い。

実家の方の方便によく似ているのです。

そこで描かれた方の出身地を見たらやっぱりな!と。名古屋の方のようです。

逆にこの言葉遣いに不慣れな方は読みづらいのかも知れませんが、私はニャンコだけでなくおばあちゃんを思い出して何度も読んでます。

 

言ってた言ってた!と。

あ、確か今日は彼岸入りですね。 今年はお墓参りに行けない...これ読んでおばあちゃんを思い出そうかな。

 

以上、お気に入りの本たちでした(о´∀`о)