読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

初診日。5

病院 全部

どうも、節分が好きなトーコです。

...節分で撒くマメが好きなトーコです( ´ ▽ ` )ノ

会社でおやつは大豆です。

f:id:ponkotu118:20160915124213j:image

いつでもハトとお友達になれる\(^o^)/違

甘い物より罪悪感なく食べられます。

 

さて、ようやく診察室へ入り、鞄を置いて腰掛けました。

パソコンを見ていた先生は何も言わない...(; ̄ェ ̄)

緊張もあり、長く感じただけなのかもしれないけれども。

 

ドキドキしながら待っていたらこちらを向いて名乗られ、物腰柔らかで一気にほぐれました。

さすが精神科の先生だけあるなぁと感心。

他の科の病院の先生で足を組んだり腕を組んだり、高圧的な人も結構多いので。

 

ただほくれたものの、会話弾まない。ほんとに弾まない。笑

沈黙の時間は一体どれだけあったのか(°_°)

最初に「発達障害か知りたいみたいだけど、今日は分かんないからね。今日検査の予約をしていっても、2回検査に来てもらって、それから二週間ぐらいかかるかな?それでもいいの?」と聞かれました。

覚悟の上で来てるっつーの!え、何、検査したくないのかこの先生?!って若干イラッ。

 

「それで何に困ってるの?」

わっ分からん...最近はかなり生きやすくなってるし。

特に困っていないと答えると、先生はじゃあなんでって感じで。

この辺りで攻撃されてる気分になってきて、なんでもいいから診断してくれれば良いんだよー!

 

発達障害だったとして、その後は心理士とかとこういう時どう対処するかを考えたり、薬を飲んだりして困らないようにしていくんだけどそれをする気はありますか?」

これか?診断したとして、はいそーですかサヨウナラなのか、通いますなのか、ここで対応が変わるのか?!

正直あまり生活に余裕は無いし、毎日薬を飲むとか苦手だし。

「それで良くなるのなら...」と答えました。

困ってるわけじゃ無いけど、生きやすくは無い。

生きやすくなるのならそれは嬉しい(´・_・`)

この時は困ってる事って思い浮かばなかったけど、その後意識しながら生活してたら私めっちゃ困ってました。笑

困ってる事が当たり前になっていて、気付かなかった。

これがもし改善されたら...もっと生きやすくなるなぁと嬉しくなりました。