読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

初診日。3

どうも、冬がきたトーコです。

f:id:ponkotu118:20160913201518j:image

ピザまん♪ピザまん♪( ´ ▽ ` )ノ

肉まんとか〇〇まん食べると一気に冬気分になります。

 

さて、問診票を書き終わり提出して待っていると、今度は優しそうな50代ぐらいの看護師さんに呼ばれて移動。

さっきの人が怖かったので、余計白衣の天使に見えたヨ!

 

ついて行くと、身体測定をするとのこと。

身長、体重、血圧、体温を測って、お薬手帳を持っていたらコピー取らせてと言われたので渡す。

体重は大台に乗っていたからか、服の分で1キロマイナスしておくわねニコッと言われた(´-`).。oO

夏だし薄着で1キロなんて絶対ないけど、おかげで大台に乗らずに済んだ。笑

 

そのあとは小さなスペースをカーテンで仕切った所で簡単な問診。

問診票に書いた事でいくつか質問されて、いよいよ診察室の前まで案内される。

今日次に呼ばれたら入るのはこの扉で、それまでここに座って待っていて、トイレの場所はここね、と細くて教えてくれる。

分からない事があると物凄く不安になる私からしたら、ほんとこの人は天使(ToT)/~~~

 

ようやく待合室に来たのが9時15分。

初診と2回目以降では診察室の場所が違うみたいで、ここに居る人は皆さん初めてらしい。

診察の診察室は3つあって、9時から受付開始になっているので既に診察室には誰か居る様子。

今待っているのが他に2組(1人で来てる人は少なかった。受付でも一人で来たんですか?診察を受けるご本人?と聞かれた。)。

すぐに呼ばれて入れ替わり、待合室は私一人。

私が入る扉からは誰も出てこないから、まだなんだろうなーと油断していたら呼ばれたーーー。

さぁ、いよいよ診察室へ。