読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツでもいいや、助けてもらえばいーじゃない。

発達障害(ASD)と診断されたアラサーOL、トーコの記録です。

頓服でリーゼ錠5mg飲んでみた。

全部

こんにちは!

昨日は1日頑張れました、トーコです*(^o^)/*

使えなかったトイレは午後2時頃には使用可能となり、事なきを得ました。

トイレに行きたくならないよう水分を摂らずに居たので若干気分が悪くなりましたが、ガブ飲みして回復。

このまま体調悪くなれば帰れるのに...なんて思ったけど甘くなかったー(´-`).。oO

 

で、トイレ問題もありますがもう一つ帰りたかった理由があって。

月に一度は必ず、定時後2時間ぐらい会議があるんです。

うちのスタッフだけでなく社長含む本社の偉い人も数人来て行われる会議。

基本的には上の人が喋ってるの聞いてるだけで、稀に運悪く指名されると何か話さなきゃいけないようなやつ。

 

この会議、何が嫌って運悪く指名されるのは勿論、何と言ってもお腹が空く事...‼︎

普段の定時頃ですら限界までお腹が鳴らないよう耐えてるのに、更に2時間もシーンとした会議室で偉い人の前で耐えなきゃいけない事が辛くて辛くてヽ(;▽;)ノ

 

こんなしょーもない理由。笑

 

でも死活問題なんです、私には。

悪い事でも、良い事でも、大した事じゃなくても、とにかく目立つとか注目されるのが怖くて。

 

そんな不安感でいっぱいの会議で、リーゼ錠の頓服を試すことに(^.^)

効能には「不安や緊張を和らげる」とあるのでちょうど良いでしょう。

会議の1時間前に服用。

一番弱い薬だからねって聞いていたので、あまり期待はせず。

 

今回はちょっとばかりいつもと違う状況だったので、薬だけの効果なのかは分からないんだけれども...飲んで良かった!と感じています。

 

先に何がいつもと違ったのかと言うと、外注さんからパンを貰って食べた事。

なんせ空腹が怖いのに空腹ではなくなっていたから。笑

加えて豆乳飲料を貰ったのを飲んで、持参したゼリー飲料も飲んだので...。

もう一つ違ったのは、社長と他数人が欠席した事。

やっぱり社長が居ないとなると、緊張感が違う( ´ ▽ ` )ノ

 

この好条件で臨んだ会議。

運良く指名はされなかったので指名されていた場合の効果は不明なんですが

まず感じたのは、心臓のドキドキ感がいつもより少ない!

目が泳いで、緊張して強張ってた体がそうでもない。

手が震えて零さないよう、細心の注意を払って手に取っていた湯呑みをサッと取って飲めた( ̄◇ ̄;)

本社の偉い人とも気楽に会話出来たし、帰る時には運転に余裕があった。

 

 これはなかなか効果があったと言って良いのでは...?

この頓服、飲むの2回目なんです。

1回目は正直全く効果が分からなかったんだけど、それは非日常への不安感で飲んだから分からなかったのかも。

今回はいつもの状況と比較できたので気付けたのかなぁと。

 

 効いてるのが感じられたのでガンガン飲んでいきたいのですが、頓服で出されているので残りは8錠。

次回病院へ行くのは10月で...ここぞって時に飲むようにします。

薬無くなったら電話して病院来てねって言われたので行けば貰えるんだろうけど、電話が怖いんだよーーー!笑

電話予約が出来るようになる事を願って止みません。

 

 

追記

リーゼ錠は製品名?で、成分(一般名)はクロチアゼパムだそうです。